コンビニ、レジ袋辞退が7割超 有料化で消費者変わる

2020/8/3 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国内小売業にプラスチック製レジ袋の有料提供が義務化された7月1日以降、大手コンビニエンスストアでレジ袋を辞退する来店客の割合が全体の7割超に達したことが分かった。買い物袋を持参したり、手で持ち帰ったりする消費者が増えている。無料配布していた6月以前は大半がレジ袋を利用していたとみられるが、有料化で消費者に変化が出てきている。

セブン―イレブン・ジャパンとファミリーマートは7月1~29日まででそれ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]