/

この記事は会員限定です

コンビニ、レジ袋辞退が7割超 有料化で消費者変わる

[有料会員限定]

国内小売業にプラスチック製レジ袋の有料提供が義務化された7月1日以降、大手コンビニエンスストアでレジ袋を辞退する来店客の割合が全体の7割超に達したことが分かった。買い物袋を持参したり、手で持ち帰ったりする消費者が増えている。無料配布していた6月以前は大半がレジ袋を利用していたとみられるが、有料化で消費者に変化が出てきている。

セブン―イレブン・ジャパンとファミリーマートは7月1~29日まででそれぞれ約75%と約7...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り390文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン