電子部品4~6月受注14%減も 自動車とスマホで明暗

2020/7/31 19:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自動車やスマートフォンの需要の先行指標となる電子部品受注の明暗が用途によって分かれている。村田製作所など電子部品主要6社の20年4~6月期の電子部品受注は、前年同期比で14%程度減ったもようだ。落ち込みの主因は車載部品の低迷だが、次世代通信規格「5G」対応のスマホ向けは好調だった。

村田製、TDK、京セラ、日本電産、アルプスアルパイン、日東電工の受注額(一部は受注額に近い売上高)を日本経済新聞が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]