背面記 舞踏家 麿赤兒

エッセー
2020/8/6 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

今年の夏合宿はコロナ対策のため、例年の合宿とは違う様相が現れて何かと考えさせられた。合宿所の窓から緑なす山河をぼんやり眺めていると、田園を横切る遠くの通りを一人で歩いている人もマスクを装着している。私が見ている数分間はその人とすれ違ったり追い越したりする人はいないし、車が行き交うのも3、4台だ。雑踏ならいざ知らず何と律義なことか。或(ある)いは着けたり取ったりが面倒なのか、出会い頭の接触恐怖か。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]