/

大阪府、31日の新規感染216人 過去2番目の多さ

(更新)

大阪府は7月31日、新型コロナウイルスの新たな感染者を216人確認したと発表した。府内の新規感染者数としては29日の221人に次いで過去2番目に多い。府内の累計感染者数は4057人となり、4千人を超えた。亡くなった後に70代男性の感染が判明し、死者は累計90人となった。

新規感染者のうち30代以下が68%を占めた。経路不明は約7割だった。同日時点で294人が入院している。このうち重症は19人で、重症病床の使用率は10.1%だという。この日はPCR検査などを2305件(陰性確認は除く)実施し、陽性率は9.4%だった。

感染状況を判断する府の独自基準「大阪モデル」は7月12日から黄色信号が点灯している。点灯から25日以内に重症病床の使用率が70%を超えると非常事態を意味する「赤信号」に切り替わる。

府は繁華街などで若者を中心に感染が拡大しているとして、5人以上の飲み会などを控えるよう8月1日から呼びかける。31日には大阪・ミナミの一部の飲食店などに8月6日から20日まで休業や営業時間を午後8時までにするよう要請することを決めた。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 国内 海外 感染状況 論文・調査 Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン