京都府知事「宴会2時間、深夜避けて」 コロナ感染防止で

大学
2020/7/31 17:35
保存
共有
印刷
その他

感染拡大防止策を発表する京都府の西脇隆俊知事(31日、京都市で)

感染拡大防止策を発表する京都府の西脇隆俊知事(31日、京都市で)

京都府は31日、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向け、飲食店利用者に対し、飲み会や宴会は2時間までとし、深夜は避けるよう要請した。新規感染者数の急増を受けたもので、西脇隆俊知事は「若者の感染が増えている」と指摘したうえで、「長時間、顔を合わせて大声で話すような状況はできるだけ避けてほしい」と呼びかけた。

京都府では29日に新規感染者数が41人に達し、1週間で平均20人と特別警戒基準を超えた。30日は9人だったが、西脇知事は31日の臨時記者会見で「一時的に数値が低くなることはあっても、警戒が必要な傾向は変わらない」と強調。新規感染のリスクを抑えるため、飲食店の利用、大学生の生活、病院・施設の対応の3点に絞った対策を打ち出した。

飲食店の利用については、宴会などは10人を超えるような大人数は避けて2時間程度で切り上げ、深夜の時間帯は利用を避けることを求めた。接待を伴うなど酒類を提供する飲食店を利用する際は、「府が定めた感染拡大予防ガイドラインを守っている店舗を選んでほしい」と呼びかけた。

学生に対しては、9月からの後期授業開始に備え、2週間前からの体調確認や飲み会などでの3密回避の徹底を求めた。各大学に対しては全学生に注意喚起の一斉メール送信を要請。授業再開に向けたマニュアルに反映するため、注意事項をまとめたガイドラインを改定する考えを示した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]