4~6月のGDP26%減 民間予測平均、戦後最悪に

経済
2020/7/31 23:08 (2020/8/1 4:50更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本経済は新型コロナウイルスの感染拡大で、4~6月期に戦後最大の落ち込みを記録する見通しだ。民間23社の予測によると、4~6月期の実質国内総生産(GDP)は前期比の年率換算で平均26.3%減だった。7~9月期は11.9%増とプラス成長に戻るが、回復ペースは鈍い。GDPの水準は7~9月期時点でも、前年同期の9割程度にとどまりそうだ。

GDPはすでに1~3月期まで、2四半期連続のマイナス成長に陥って…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]