/

この記事は会員限定です

首相がみせた気力の裏側

[有料会員限定]

安倍晋三首相は8月24日に連続在任日数で佐藤栄作元首相の2798日を超え、歴代最長となる。

新型コロナウイルスの感染再拡大や「Go To トラベル」など対策の迷走で、首相は手放しで喜べる心境ではないだろう。表情には疲れもにじむ。

すっきりしないことはまだある。2012年12月の第2次安倍政権発足以降、求心力を支えてきたアベノミクスによる景気の戦後最長記録の更新は幻に終わった。景気拡大期間は71カ月...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1263文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン