コロナ禍でも「講談元年に」風雲児・神田伯山がほえる

カバーストーリー
2020/8/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

久々に現れた講談のスター、6代目神田伯山(37)。コロナ禍で真打ち昇進と襲名の披露興行が中断になったが、動画配信で演芸界をリードする。自粛生活や配信への考え方などを聞いた。

英雄から犯罪者まで、日本史上に際立った個性や事件を語る「講談」。この担い手、講釈師として神田松之丞を名乗った二ツ目時代から人気者となり、2月に真打ちに昇進、大名跡「神田伯山」を襲名した。ところが新型コロナウイルスの感染拡大で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]