地域活性化の新たな潮流(8) 「客観」から「主観」への転換
関東学院大学准教授 牧瀬稔

やさしい経済学
2020/8/3 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルス感染症により、私たちの生活は大きく変わりつつあります。価値観の転換に伴い社会様式が変化する、パラダイムシフトが起きているといえるのかもしれません。地域活性化にも、これからの時代に即した新しい概念が求められます。

本連載でも取り上げたように、これまでの地域活性化は定住人口や交流人口、企業誘致などの数値を重視していました。量的に測れる地域活性化です。しかし、近年は関係人口やシビック…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]