/

NTT東、会津大と連携強化 サイバー人材育成など

NTT東日本は31日、会津大学(福島県会津若松市)とサイバーセキュリティーの人材育成や、成長が見込まれるeスポーツ分野などで提携を強化すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、重要性が高まるICT(情報通信技術)分野に強い会津大と組み、地域の活性化を進める。

サイバー人材育成などで連携強化を発表したNTT東日本と会津大学

NTT東は日本初のコンピューター理工学専門大学である会津大と、サイバーセキュリティー分野で人材育成に取り組む。同日に記者会見した会津大の宮崎敏明学長は「アフターコロナの世界を支えるには、サイバー技術の高度な専門家の育成が欠かせない」と述べた。NTT東から同大で開催する講座に講師の派遣や技術支援などを実施する。

地域活性化の支援事業の拡大を目指すNTT東は、eスポーツで大学内の人材育成やトレーニング手法の開発などにも力を入れる。培った情報通信のネットワーク整備などを地域のビジネスにも活用していく。

NTT東と会津大は2012年に東日本大震災の復興支援について協定を結び、共同で研究や開発に取り組んできた。(太田明広)

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン