有効求人倍率、都内は1.35倍に低下 6月

2020/7/31 13:46
保存
共有
印刷
その他

東京労働局が31日発表した都内の6月の有効求人倍率(季節調整値)は1.35倍で、前月から0.2ポイント下がった。低下は4カ月連続で低水準が続いている。新型コロナウイルス感染拡大の影響で求人数が減少したことに加え、経済活動の再開を受けて求職者数が増加し倍率を引き下げた。

有効求人数(原数値)は前年同月比34%減と25カ月連続で下降した。有効求職者数は緊急…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]