犬猫8週齢、21年6月から 改正動物愛護法

2020/7/31 13:19
保存
共有
印刷
その他

政府は31日、生後56日以下の子犬や子猫の販売を原則禁じる「8週齢規制」を定めた改正動物愛護法や、ペット業者に対し交配年齢や飼育数を規制する同法省令の施行日を来年6月1日とすると閣議決定した。一方、犬や猫の遺棄を防ぐために定めたマイクロチップ装着義務化は2022年6月1日施行に決まった。

改正法は19年6月に成立し、動物虐待罪の厳罰化などはすでに施行されている。具体的な交配年齢や飼育数などの上限は環境省が検討を進めている。小泉進次郎環境相は閣議後に記者会見し「引き続き動物愛護の精神にのっとって進めていきたい」と話した。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]