世界恐慌、日本はどうした 読むヒント

大学
玉利 伸吾
編集委員
2020/8/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

令和初期は昭和初期に似てきた。コロナ禍で世界経済は縮小し、保護主義が広がり、分断が進む。強権的な政権が自由と民主主義を脅かす。大恐慌が世界を変えた1930年代を思わせる。世界恐慌に苦しんだ日本は、戦争への道を突き進んだ。どこで誤ったか。

国際通貨基金(IMF)は、「世界恐慌以来、最悪の不況」が来ると警告している。大恐慌は29年(昭和4年)、ニューヨークの株暴落で始まり、日本にも波及した。昭和恐慌…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]