70歳まで就業確保 企業の努力義務に
企業法務 変わる制度(3)

働き方改革
2020/8/1 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

社会の高齢化が進む中、働く意欲があるシニアが能力を発揮できる環境を整えるよう企業に促す取り組みが強化される。2021年4月に施行される改正高年齢者雇用安定法では、企業は従業員が70歳になるまで就業機会を確保する努力義務を新たに負うことになる。

高年齢者雇用安定法は既に65歳まで従業員を雇い続ける義務を企業に課している。対応方法は(1)定年の引き上げ(2)継続雇用制度の導入(3)定年の廃止――のい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]