王滝頂上へ初の慰霊登山 御嶽山噴火の犠牲者遺族

2020/7/31 10:09 (2020/7/31 12:12更新)
保存
共有
印刷
その他

御嶽山への慰霊登山で、王滝山頂に向かう被災者家族(31日午前、長野県王滝村)=共同

御嶽山への慰霊登山で、王滝山頂に向かう被災者家族(31日午前、長野県王滝村)=共同

58人が死亡、5人が行方不明になった2014年の御嶽山(長野、岐阜両県、3067メートル)噴火の犠牲者遺族らが31日、長野県王滝村側の登山道の規制緩和に伴い慰霊登山を行った。標高2936メートルの王滝頂上への立ち入りが噴火後、初めて許可された。被災者家族会事務局代表のシャーロック英子さん(61)は「一歩前進するための一区切りにしたい」と語った。

行方不明になっている愛知県刈谷市の野村亮太さんの父、敏明さん(60)は「6年間、ずっと会いたい気持ちでいっぱいだった。早く家に帰してあげたい」と述べた。犠牲者でただ一人、王滝頂上山荘で亡くなった浅井佑介さん(当時23、名古屋市)の母の正子さん(60)ら計10人が参加し、王滝頂上に順次到着。王滝村職員の説明を受け、多くの被害者が出た尾根「八丁ダルミ」方面を指さし「初めて見た」などと話した。

御嶽山では18年9月に長野県木曽町側から山頂(剣ケ峰)までの登山道の規制が解除され、遺族らが山頂に立ったが、王滝村側は安全対策工事が終わらず、9合目避難小屋までの通行に限られていた。王滝頂上から尾根上の登山道などの規制は継続する。

王滝村は、噴火で壊れた王滝頂上山荘を8月末までに解体し、180人が避難可能な木造施設を建設する予定。山荘で亡くなった人もいたため、被災者家族会「山びこの会」は規制緩和前の入山許可を村に求めていた。

村は当初、王滝頂上までの規制を7月11日に解除し、前日10日に慰霊登山を認めると発表したが、大雨の影響で安全確認が遅れ、先送りされた。一般登山客向けの規制解除は8月1日から行う。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]