ロシア・ベラルーシ同盟に亀裂 30人超の戦闘員、騒乱画策か

2020/7/31 3:24
保存
共有
印刷
その他

【モスクワ=石川陽平】旧ソ連のベラルーシの情勢が緊迫してきた。30日、前日にミンスクで拘束した30人を超すロシアの戦闘員に対し「テロ容疑」で捜査を始めた。8月9日の大統領選を前に、ロシアとの同盟関係に亀裂が走っている。

ベラルーシのラフコフ安全保障会議書記は30日、29日に拘束したロシア人の戦闘員について、テロ行為を企てた容疑で捜査に着手したと明らかにした。戦闘員は合計32人で、非公式に軍事サー…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]