デジタル支配、懸念深まる 巨大IT4社の「分割必要」

2020/7/31 0:59 (2020/7/31 5:17更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米議会下院の司法委員会は29日に開いた公聴会で、米IT大手4社の寡占により競争が妨げられている実態に切り込もうとした。ただ、現行の反トラスト法(独占禁止法)は社会のデジタル化やデータ経済の進展に十分に対応できず、新たなルール整備に向けた課題も浮き彫りになった。

「いくつかは分割が必要だ。100年以上前に制定された反トラスト法をデジタル時代にも機能させる」

公聴会には GAFA(グーグル、アップル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]