爆発前日に調理場電気工事 県警、業過致死傷容疑も視野
福島・郡山

2020/7/30 22:30
保存
共有
印刷
その他

爆発があった福島県郡山市の飲食店の現場(30日午後3時)=共同

爆発があった福島県郡山市の飲食店の現場(30日午後3時)=共同

大規模な爆発が起きた福島県郡山市の飲食店「しゃぶしゃぶ温野菜郡山新さくら通り店」で、爆発前日の29日に、ガスこんろからIH調理器に交換するため、店の調理場にコンセントを増設する工事が急きょ行われたことが30日、分かった。同店をチェーン展開する会社を傘下に持つ外食大手コロワイドが同市で記者会見して明らかにした。

福島県警は、ガス漏れにより店内に充満したガスに、何らかの原因で引火したとの見方を強めている。業務上過失致死傷の疑いもあるとみて捜査を進め、工事と爆発の関連についても調べる。県警は現場で見つかった遺体の身元を、店の内装工事の現場責任者を務める仙台市太白区の会社員、古川寛さん(50)と明らかにした。

爆発は30日午前9時前に発生。古川さんが死亡し、19人が重軽傷を負った。警備会社の記録から古川さんが建物に入った直後に爆発したとみられる。建物は外壁が吹き飛んで全壊し、鉄骨だけの状態になった。爆発の衝撃により広範囲で住宅の外壁が壊れるなどした。約370メートル離れた幼稚園でも窓ガラスが割れたが、園児らにけがはなかった。

コロワイドは記者会見で謝罪。店は新型コロナウイルスの影響で休業し、改装工事を行って8月3日に再開する予定だった。

屋内のガスの配管が破損しているのが見つかっており、県警や消防が関連を調べる。建物の外側に設置していたガスボンベも一部破損した状態で見つかったが、爆発の衝撃による破損とみられる。総務省消防庁は職員を派遣し、地元消防と連携して原因究明に当たる。

県警や消防によると、負傷者19人のうち40代の女性2人が重傷。軽傷者は20~80歳代で、男性13人、女性4人だった。

東北電力は、30日午前10時ごろから郡山市の現場近くの約420戸を緊急停電させ、爆発による飛来物を電線から撤去した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]