/

この記事は会員限定です

景気、5月底入れの見方も コロナ再燃に不安

[有料会員限定]

日本の景気は2018年11月から後退局面に入り、足元は新型コロナウイルス禍の追い打ちで内外需とも総崩れの状態になっている。7月後半にかけて国内の感染者は再び急増し、先行きの不透明感も強い。景気の底入れと浮揚には、感染抑止と経済活動の両立がカギを握る。

景気の転換点となった18年秋はちょうど米国と中国の貿易戦争が激しくなった時期にあたる。国内総生産(GDP)規模でも、日本の貿易相手としても1位と2位...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り648文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン