ミサイル防衛、現実踏まえ抑止力強化を

2020/7/31 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自民党のミサイル防衛検討チームがまとめた提言は「相手領域内でもミサイルを阻止する能力の保有」を検討するよう主張した。かねて敵基地攻撃能力の保有に前向きな議員が多かった同党が過去2回の提言で使った「策源地攻撃能力」や「敵基地反撃能力」よりも幅広い表現になる。

ミサイル防衛で「敵基地攻撃」による抑止力に以前ほどの実効性はない。基地ではなく場所を特定しにくい移動式発射台や潜水艦から発射する技術が広まっ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]