/

芝浦機械、4~6月期最終赤字5億円

芝浦機械が30日に発表した2020年4~6月期の連結決算は、最終損益が5億円の赤字(前年同期は4億4100万円の赤字)となった。新型コロナウイルスの感染が広がって成形機や工作機械の販売が落ち込んだ。

6月末を基準日として1株あたり124円30銭の「特別配当」を実施する。同社に対しては旧村上ファンド系の投資会社がTOB(株式公開買い付け)を仕掛け、会社側が買収防衛策を導入した後に撤回した。芝浦機械は投資会社側の主張を一部取り入れて、総額30億円分の特別配当を実施する考えを示していた。

4~6月期の売上高は前年同期比21%減の202億円、受注高は56%減の125億円だった。希望退職に伴う特別退職金の加算分を特別損失に計上した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン