塩野義製薬、コロナ新検査法8月にも承認申請 診断30分

2020/7/31 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

塩野義製薬は8月にも新型コロナウイルスを判定する新たな検査法について、厚生労働省に製造販売承認を申請する。日本大学の桑原正靖教授らが考案した迅速診断技術「SATIC法」を応用し、30分程度で感染の有無を判断する。政府はPCR法などと並行して使える検査手法を求めており、早ければ秋にも医療機関などでの検査に使われる可能性がある。

SATIC法は95度で約2分間加熱した唾液を試薬に入れると、新型コロナ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]