/

この記事は会員限定です

在宅勤務でワーケーション脚光 日光ではホテル改装

北関東フォーカス

[有料会員限定]

コロナ禍で導入した在宅勤務をきっかけに休暇先で働く「ワーケーション」への関心が高まっている。旅行需要の低迷が長期化する中、ワーケーションの普及は宿泊施設にとっても数少ない追い風だ。世界遺産の二社一寺や鬼怒川温泉を抱える栃木県日光市では需要取り込みに向け改装に踏み切るホテルも出ている。

「生活リズムが自然に朝型になった。自宅に比べてビジネスのアイデアも湧いてくる」。デジタル化支援のデジタルホールディングス

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1402文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン