/

森美術館、5カ月ぶり開館 村上隆氏ら6人の企画展

複合施設「六本木ヒルズ」(東京・港)の高層階にある森美術館が31日、約5カ月ぶりに開館する。第1弾として村上隆氏や草間弥生氏、奈良美智氏ら海外でも著名な6人の現代アーティストの作品を一堂に集めた企画展を開催する。来場は予約制とし、換気や消毒の強化などの新型コロナ対策も実施する。

著名な現代アーティスト6人の作品をそろえた(奈良美智氏の作品)

「STARS展」と題した今回の企画展は、6人の初期作品と最近の作品を中心に展示。日本の現代美術がどのように世界に受け入れらてきたかの歴史を展示するコーナーも用意した。

会期は来年1月3日までの予定。当初は今年4月に始まり、東京オリンピック中などに多数の外国人の来場も見込んでいたが、新型コロナウイルスの影響で2月末から美術館が休館となり、企画展も延期となっていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン