「ジャンボ」生産終了 ボーイング747、空の大衆化担う
技術革新で中型機台頭、コロナ禍も退役早める

2020/7/30 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「ジャンボジェット」の呼び名で親しまれた米ボーイングの大型機「747」の生産が終了する。29日、ボーイング社は同機の生産を2年後に打ち切る方針を明らかにした。燃費効率の悪さや座席が多く小回りがききづらいことで中型機への切り替えが進むなか、新型コロナウイルスによる需要急減が退役を早めた。一部2階建ての優雅な姿で人気を博した大型機材も、世代交代の逆風には勝てなかった。

747は世界初の2階建て大型旅…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]