10/22 5:00更新 マーケット 記事ランキング

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,639.46 +72.42
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,650 +120

[PR]

業績ニュース

コマツの純利益56%減、今期見通し コロナで建機不振

2020/7/30 18:13
保存
共有
印刷
その他

コマツは30日、2021年3月期の連結純利益(米国会計基準)が前期比56%減の670億円になる見通しだと発表した。リーマン・ショックの影響で建機不況に陥った10年3月期以来の低水準。コロナ禍による工事停滞で欧米を中心に建機販売が激減。石炭価格の下落を受け、主力市場のインドネシアで利益率の高い鉱山機械の売り上げが減少することも響く。業績悪化を受け、年間配当も前期から58円減の36円と2期連続の減配となる見通しだ。

売上高は15%減の2兆680億円で営業利益は54%減の1150億円を見込む。欧米や日本では第3四半期から、新興国では第4四半期からの需要回復を見込む。電話会見で小川啓之最高経営責任者(CEO)は「4~5月を底に減少幅は徐々に改善しており、リーマン時より需要の回復は早い」との見方を示した。

鉱山機械が主力のインドネシアでは、機械の稼働率が2割近く低下しており、顧客の投資意欲は低い。鉱山機械は売上高も22%減の7491億円を見込む。固定費の削減で124億円、値上げ効果で102億円を捻出する計画だ。

同日発表した20年4~6月期の純利益は前年同期比66%減の162億円だった。売上高は25%減の4587億円で営業利益は64%減の269億円だった。中国を除く全ての地域で減収となった。政府によるインフラ投資などが追い風となり、中国の売り上げは19%増だった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム