時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,211,235億円
  • 東証2部 68,226億円
  • ジャスダック 98,437億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率19.75倍24.83倍
株式益回り5.06%4.02%
配当利回り1.95% 1.73%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,516.59 +42.32
日経平均先物(円)
大取,20/12月 ※
23,490 -10

[PR]

国内株概況

ぐるなび、4カ月ぶり安値 赤字と時短営業要請を嫌気
話題の株

2020/7/30 21:30
保存
共有
印刷
その他

30日の東京株式市場で、飲食店情報サイトを運営するぐるなびの株価が一時、前日比100円(17%)安の481円と、制限値幅の下限(ストップ安)水準まで下落した。約4カ月ぶりの安値だ。29日に発表した2020年4~6月期決算が大幅な最終赤字だったのに加えて、東京都内の飲食店に再び営業時間短縮が要請されると伝わったことが悪材料視された。

終値は99円(17%)安の482円。値下がり率は東証1部の首位で、売買代金は前日の3倍に膨らんだ。

20年4~6月期の連結決算は、売上高が前年同期比76%減の17億円、最終損益が37億円の赤字(前年同期は6100万円の黒字)。顧客の飲食店が広告掲載を絞ったため、同期間では売上高が2005年の上場以来最低の水準、最終損益は14年ぶりの赤字となった。

決算内容を受けて午前中は前日比80円(14%)安の500円前後で推移していたが、追い打ちをかけたのが正午ごろの報道だ。東京都が飲食店に営業時間の短縮を要請すると伝わり、情報サイトの利用がさらに落ち込むことを嫌気した売りが入った。午後は大量の売り注文が入り、取引が成立しない時間もあった。

カカクコムが運営する「食べログ」と比べると、ぐるなびは宴会シーンでの利用が多い。大人数での会食の自粛が求められている中で、ネット予約件数は緊急事態宣言解除後の6月も前年同月比で49%減った。

25日移動平均からの下方乖離(かいり)率は30%を超え、売られすぎも意識されるが「業績は当面回復せず、底値が見えづらい」(auカブコム証券の河合達憲氏)との声があった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム