/

東京都医師会、PCR検査拠点を1400カ所に拡充へ

東京都医師会(東京・千代田)は30日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、都内のPCR検査拠点を8~9月までに1400カ所へと拡充する計画を発表した。会員の開業医らに協力をよびかけ、住民に身近な診療所などで実施する体制を目指す。

都医師会の尾崎治夫会長は「各都道府県に任せるだけで拡大を抑えるのは無理」と強調。法的拘束力のある休業要請と休業補償をセットで実施できるよう国に早急な法改正を求めた。尾崎氏は「コロナに夏休みはない。今が拡大を抑える最後のチャンスだ」と語気を強めた。

(東京地方部 亀真奈文)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン