米中「冷和」時代の新たなリスク 呉軍華氏
日本総合研究所上席理事

エコノミスト360°視点
2020/7/31 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米国と中国の関係が自由落下の勢いで劇的に悪化している。双方が相手の総領事館閉鎖を要求し、現実に閉鎖する事態となっている。

こうした米中関係を冷戦とみる向きが多い。かつて冷戦状態にあった米国とソ連の関係が念頭にあっての定義であろう。歴史的事象をもとに現実を説明するのは分かりやすいかもしれないが、それでは米中対立に潜む新たなリスクを見失いかねない。

冷戦時代の米ソ関係と対比しつつ、現在の米中関係をみ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]