/

コメ民間在庫、6月末201万トン 4年ぶり高水準

農林水産省が30日公表した6月末時点の主食用米の民間在庫は前年同期比6%増の201万トンだった。4年ぶりの高水準で、市場での荷余り感が意識される200万トンを超えた。食の多様化や近年の米価上昇に伴うコメ離れに加え、新型コロナウイルス禍で外食向けなど業務用の販売が低迷したことも響いた。

6月末のコメ在庫は、秋に新米が出回る前に需給状況を表す指標として注目され、卸などの新米販売計画に影響する。

今回の在庫は3月の予想値(187万トン)を大きく超えた。民間在庫から推計した2019年7月~20年6月の需要実績は713万トンと前の期比3%減った。コメ価格が高く、消費者が購入を手控える動きが広がった。

農水省は20年7月~21年6月の需要を715万トンと推計したが、「新型コロナの状況次第で下振れする可能性もある」とした。

コメ卸は「(飲食店が休業した)3~4月にさばけなかった19年産がたまっている。業務用米の新米への切り替えは例年より1~2カ月遅れるだろう」と話す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン