/

この記事は会員限定です

ローソン、中国でプレハブ店舗展開 出店戦略柔軟に

[有料会員限定]

【上海=松田直樹】ローソンは中国でプレハブ型のコンビニエンスストアを出店する。パナソニックと組み、保温性などに優れた建築材を使った高機能の店舗を開発。公園などに出店しやすくしたほか、建設コストを従来よりも4割抑えられるという。新型コロナウイルスの感染拡大で来店客が減るなか、柔軟な出店戦略で新たな需要を掘り起こす。

1号店は江蘇省南京市に31日に出店し、年内に10店程度を出店する計画。標準のコンビニ(約80平方メートル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り353文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン