/

菅氏、秋解散に否定的見解 「コロナ専念が国民の声」

(更新)
マスクを外し、記者会見に臨む菅官房長官(30日午前、首相官邸)=共同

菅義偉官房長官は30日のTBSのCS番組収録で、新型コロナウイルスの感染拡大阻止に全力を挙げる必要があるとして、今秋の衆院解散・総選挙に否定的な見解を示した。秋の解散可能性を問われ「なかなか難しいのではないか。コロナ(対策)に専念し、これ以上の拡大は何としても避けてほしいというのが国民の声だろう」と述べた。

秋に予想される内閣改造・自民党役員人事に関し、二階俊博幹事長の手腕を高く評価した。「政局観、政治観がずばぬけている。内閣として本当に頼りになる幹事長で、安倍首相も感謝している」と語った。

内閣改造後も官房長官を続ける可能性について「安倍政権をつくった一人だから、しっかり支えていくのは当然のことだ」と改めて続投に意欲を示した。「ポスト安倍」有力候補の一人とされていることには「よく聞かれるが、全く考えていない」と重ねて強調した。

観光支援事業「Go To トラベル」にも触れ「地方の観光業は瀕死の状態だ。政府が支援していく必要がある」と意義を強調。新型コロナの新規感染者数が減少すれば、除外した東京都の対象追加を検討すると明らかにした。

菅氏は21日発売の月刊誌「Hanada」のインタビューで、衆院解散観測について「今の状況下ではとても無理。コロナの感染拡大阻止にめどがつかない限り難しい」と述べた。衆院解散を巡っては、二階氏や公明党の山口那津男代表も最近、新型コロナ対応などを踏まえ早期解散に否定的な考えを示している。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン