UIJターン就職促進で協定 大分県と九州産業大

大学
2020/7/30 16:16
保存
共有
印刷
その他

大分県と九州産業大学は30日、学生のUIJターン就職を促すための協定を結んだ。県が福岡市中央区に6月設けたUIJターン支援拠点「dot.(ドット)」を九産大の学生に利用してもらったり、県内企業の合同説明会や保護者向け就職セミナーを共同で開いたりすることなどを想定する。大分県が就職に関する協定を大学と締結したのは今回が初めて。

協定書を持つ大分県の広瀬勝貞知事(左)と九州産業大学の榊泰輔学長(30日、大分県庁)

広瀬勝貞知事は「進学のために大分を出て、戻ってこない若年層が目立つ。協定を通じて県内企業の魅力をもっとPRしUIJターンにつなげたい」とあいさつ。九産大の榊泰輔学長は「チームで一緒に課題を解決する実践型教育のプロジェクトへ大分の企業にも積極的に参加してもらえれば、地元での活躍を望む学生を増やすきっかけになりやすい」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]