首都圏で広がる「農福連携」 障害者の雇用機会に
#ハッシュタグ

2020/7/31 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

農業分野で障害者が就労する「農福連携」が首都圏で広がっている。企業や自治体が専用農園の整備や農作業の請負サービスを通じ、働く場の確保を進めている。障害者の雇用機会や収入の確保だけでなく、農業の担い手不足解消や地域交流を後押しするメリットも期待できる。

「自分が作ったものを食べてもらえることにやりがいを感じる」。千葉県八千代市内の企業向け貸農園「わーくはぴねす農園」は現在25社が利用し、約2万平方…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]