/

この記事は会員限定です

神奈川ワイナリーに新風、横浜・川崎 珠玉の一杯醸す

[有料会員限定]

ワイン生産量が全国首位の神奈川県で、ワイン産業に新たな風が吹き始めている。横浜市初のワイナリーとして開業した「横濱(よこはま)ワイナリー」は今春、初めてブドウ畑を開拓した。川崎でも初のワイナリーが誕生間近だ。多雨多湿はブドウ栽培に不向きとされるが、新鋭たちが珠玉の一杯に情熱を注ぐ。

横濱ワイナリーは4月、横浜市旭区に借りた耕作放棄地を整備し、ワイン用ブドウの「シャルドネ」や「ピノ・ノワール」の苗木...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1277文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン