/

この記事は会員限定です

新潟大発ベンチャー、市の健康政策 データ分析で支援

[有料会員限定]

新潟大学発ベンチャーのアイセック(新潟市)は、新潟市民の健康データを分析して市の健康政策に生かす事業を始めた。新潟市から約650万件の市民の医療や介護データを譲り受けて解析。健康増進につながる情報や具体的な課題を市や市民に提案する。

新潟市から健康医療情報に関する分析業務の委託を受けた。国民保険に加入している30万人のデータのうち、健康診断や医療、介護に関するデータが対象。名前など個人が特定でき...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り310文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン