/

この記事は会員限定です

コロナ下 金融でつなげる「共感」の輪

READYFOR CEO 米良はるか

[有料会員限定]

「私たちがいま、できること。」――。新型コロナウイルス対策でクラウドファンディング会社、READYFOR(レディーフォー、東京・千代田)が集めた支援金は8億円を超えた。最高経営責任者(CEO)の米良はるか(32)が「だれもが挑戦を諦めなくていい社会のために、お金の流れを是正したい」とサイトを立ち上げて10年目。人々の共感や善意を乗せた金融インフラとして日本でも根付いてきた。

クラウドファンディング...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2333文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

Game Changer

斬新な発想で地球規模の問題解決やビジネス創造に挑むリーダーらを取り上げます。1980年代以降に生まれたミレニアル世代、それに続くZ世代の旗手を国内外で取材。社会に変革を起こす挑戦者たちの世界観に迫ります。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン