/

富士フイルム、PCR検査1時間に 試薬など発売

新型コロナウイルス感染の有無を調べる富士フイルムの遺伝子検出キット

富士フイルムホールディングスは30日、新型コロナウイルスに感染しているかを素早く調べられるPCR検査向けの試薬と遺伝子検出キットを31日に発売すると発表した。検査時間は約1時間と従来品の半分になる。感染しているのに陰性と判定してしまう「偽陰性」の発生も抑えられるようにした。各地域の衛生研究所や民間の検査機関などに販売する。

子会社の富士フイルム和光純薬(大阪市)が開発した。試薬は唾液などからRNA(リボ核酸)を抽出する前処理に使う。唾液などの検体には不純物が混ざっており、従来は試薬を混ぜて遠心分離する作業を繰り返す必要がある。新たに開発した試薬は検体に混ぜるだけで、RNAを抽出。前処理にかかる時間を約1時間から約10分に短縮できる。

検出キットはRNAをDNAに転換する作業に使う。検体の保管状況が悪いと、ウイルスの遺伝子が分解され、偽陰性が発生する可能性がある。新たな試薬ではウイルスの遺伝子とヒト遺伝子を一緒に検出する。検体に必ず含まれているはずのヒト遺伝子が検出されない場合は、ウイルスの遺伝子も分解されている可能性が高いと判断できる。

従来は検体を採取した後、検査結果が出るまで約2時間かかっていたが、新開発の試薬とキットを使えば約1時間に短縮できるという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン