官房長官、緊急事態宣言の再発令に慎重 「発出する状況にない」

2020/7/30 13:17
保存
共有
印刷
その他

菅義偉官房長官は30日の記者会見で、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の再発令に慎重な考えを重ねて示した。29日に国内の新型コロナウイルスの新規感染者数が初めて1千人を超えたが「現時点で宣言を再び発出し、社会経済活動を全面的に縮小させる状況ではない」と述べた。

菅氏は「60歳以上の感染者や重症者が少ない。4月の宣言当時とは異なる」と理由を説明した。22日から始まった国内旅行支援事業「Go To トラベル」については「専門家の意見を伺いながら現在の枠組みを適切に運用していきたい」と語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]