7月日経消費DI、コロナ影響続く 先行きマイナス63

2020/7/30 16:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本経済新聞社が消費関連企業を対象に四半期ごとに景況感を聞く「日経消費DI」で、現在の業況判断指数(DI)がマイナス54だった。前回の4月調査に比べ7ポイント改善したが、低水準が続く。3カ月後の業況見通しもマイナス63と現況より悪化する。新型コロナウイルス禍で消費意欲が減退しており、先行きも厳しい。(詳細を31日付日経MJに)

調査は6月上旬から7月上旬にかけて実施し、小売りや外食、サービスなど…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]