トランプ氏、同盟国で初の米軍削減へ 独に報復拭えず

2020/7/30 11:45
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=中村亮】トランプ米政権がドイツ駐留米軍を1万2000人減らす。同盟国での大規模な削減は初めて。米軍は東欧に一部を振り向けてロシアへの抑止力を強化する決定だと主張するが、外交関係が悪化する独にトランプ大統領が報復措置を講じたとの見方は根強い。

「大国間競争という新時代で同盟関係はさらに深まり強固になるだろう」。エスパー米国防長官は29日の記者会見で、駐独米軍の削減計画についてこう主張…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]