/

この記事は会員限定です

ジェイユーラスIR岩田氏「変革企業だけが生き残る」

コロナ後の資本主義

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大は上場企業の情報開示(IR)にも大きな影響を与えている。合理的な将来予測ができないとして、業績予想の開示を見送る企業が続出し、経営者は中長期的な計画立案に頭を悩ます。ガバナンス(企業統治)やIRのコンサルタントであるジェイ・ユーラス・アイアール(東京・千代田)の岩田宜子代表取締役は「創造的に変革できる企業かどうか、投資家は厳格に見極め選別する」と強調する。(聞き手は日経...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1870文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン