/

この記事は会員限定です

対ロシア抑止力に悪影響 タウンゼンド元米国防次官補代理

[有料会員限定]

ジム・タウンゼンド元米国防次官補代理(欧州・NATO担当) エスパー国防長官は、トランプ大統領がドイツを罰する目的で表明した駐独米軍削減の理由付けを試みたのだろうが、道理にかなっていない。欧州に常駐していた部隊を米国に戻してローテーション配備する措置は、欧州での米軍のプレゼンスを弱めることになる。

ローテーション配備を増やして戦略的柔軟性を高めると説明しているが、欧州から部隊を移動させることも可能...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り234文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン