FRB議長「生涯で最も厳しい景気悪化」 会見要旨

2020/7/30 5:29 (2020/7/30 7:05更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は29日、米連邦公開市場委員会(FOMC)終了後に記者会見し、「景気悪化は我々の生涯において最も厳しい」と述べた。発言の要旨は以下の通り。

直近数カ月で、経済再開に合わせて経済活動は上向いてきた。多くの店が開き、工場は生産を再開し、より多くの人々が様々な活動に従事するために外出した。その結果、個人消費は(新型コロナウイルス感染拡大の)初期に減少した半分程度…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]