/

この記事は会員限定です

独占の弊害、米議会が追及 IT4社首脳が公聴会に

5時間半の激しい応酬

(更新) [有料会員限定]

【米州総局】反トラスト法(独占禁止法)に基づいて米IT(情報技術)大手を調査してきた米議会下院司法委員会の公聴会が米東部時間29日午後1時過ぎ(日本時間30日午前2時)に始まった。アップルなど主要4社の最高経営責任者(CEO)がそろって出席し、IT業界における寡占をめぐり議員との間で激しい応酬が交わされた。

アップルのティム・クックCEOに加え、アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾスCE...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3940文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン