/

この記事は会員限定です

東京ディズニー、コロナ後の成長占うチケット価格

証券部 堤健太郎

(更新) [有料会員限定]

オリエンタルランド(OLC)が30日発表する2020年4~6月期の連結最終損益は、数百億円の赤字とみられる。東京ディズニーリゾート(TDR)やホテルの休業が響く。コロナ禍で入場制限が続くなか、採算確保や成長に向けて市場が気にするのはチケット価格だ。

OLCは4~6月期に年間売上高の約25%、営業利益の3割程度を稼ぐ。その期間中にTDRとホテルが休業したことで、人件費など固定費がほぼ全て損失となる。TDRでは7月1日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1230文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン