/

サルでコロナウイルス感染・発症 確認 滋賀医大

滋賀医科大学の伊藤靖教授(実験病理学)らの研究グループは29日、国内で初めて、新型コロナウイルスのサルへの感染に成功したと発表した。ヒトに近いサルでワクチンや治療薬の開発を進めることで、期間を短縮できるという。9月には開発中のワクチンを投与する共同実験に取り組む。

伊藤教授らは国立感染症研究所から分与されたウイルスを使い、ヒトと同じように3頭のカニクイザルが感染し、39度台の発熱と肺炎が発症したことを確認した。新型コロナのワクチンや治療薬の開発では、これまでハムスターで安全性を確かめることが多かったが、「安全性に加えて有効性も検証できる」(伊藤教授)という。

9月には、新型コロナのワクチンを開発する公益財団法人の東京都医学総合研究所(東京・世田谷)と共同で、サル12頭を対象に遺伝子組み換えワクチンの投与実験を始める。今年度中に基本的な動物実験を終える考えだ。

滋賀医大はサルをつかった新型コロナウイルスの培養・検出法と抗体の誘導についての特許を申請した。学内で600頭以上のカニクイザルを研究用動物として飼育し、フィルターや陰圧で安全性を高めた実験室を持つ。サルによる投与実験は別のワクチン開発グループも検討しており、今後は治療薬開発の共同研究も計画しているという。

世界保健機関(WHO)によると、開発中のコロナワクチン候補は24日時点で166種類あり、うち25種類が臨床試験を始めている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン