MICE始動へ一歩 大阪で大規模展示会が開幕 - 日本経済新聞
/

MICE始動へ一歩 大阪で大規模展示会が開幕

関西ホテル・レストラン・ショーやメンテナンス・レジリエンスOSAKAなど大型の産業展が29日、大阪市の国際展示場「インテックス大阪」で開幕した。約460社の約830ブースが出展、31日までの会期中に最大2万2000人の来場を見込む。新型コロナウイルスのまん延でイベントの延期・中止が相次ぐ中、政府の緊急事態宣言の解除後に実施する初の大規模展示会となる。

主催は一般社団法人の日本能率協会(東京・港)で、大阪観光局や府・市が策定した感染対策のガイドラインや、国際見本市連盟の指針に基づき運営する。

来場は原則ウェブで事前登録し、来場日・時間帯ごとの制限を設けた。1時間当たり約1900人と設定、会場内の人数が上回りそうな場合は入場を制限する。会場内の通路幅は通常なら2メートルのところを、3メートル以上を目安にレイアウト変更した。大阪府のコロナ追跡システムも導入した。

関西ホテレスは国際ホテル・レストラン・ショーの関西版で、大阪での開催は15年ぶり。メンテナンス・レジリエンスは初めて。これまで東京ビッグサイト(東京・江東)で実施していたが、東京五輪・パラリンピックの2020年開催が決まったため、同協会は別会場を探していた。

大阪観光局や大阪府は大阪がMICE開催に前向きだと訴え、誘致拡大に弾みをつけたい考えだ。同局の溝畑宏理事長は「今日この日が新しいMICEの歴史の一歩になればいい」と話した。

春割ですべての記事が読み放題
有料会員が2カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません