/

ミサイル防衛「日本と緊密に連携」 在日米軍司令官

在日米軍トップのシュナイダー司令官は29日のインターネットの記者会見で、地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の計画断念について「日本がどんな決断をし、どんな装備を買おうと、米国は日本と連携を密にし続ける」と強調した。

東シナ海や南シナ海で活発に活動する中国に関しては「中国対米国ではなく、中国対世界の話だ」と指摘した。「多国間の連携を通じ、中国の過激な行動に立ち向かう必要がある」と述べた。

沖縄県・尖閣諸島周辺の接続水域で、中国公船による航行が連続100日以上に及んだ点については「前例のないレベル」と指摘した。「米国は日本政府を100%支援する」とも述べた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン