/

東京五輪・マラソンコース8月に検証、実務者会議

2021年夏の東京五輪マラソン・競歩の開催に向けて29日、大会組織委員会と北海道、札幌市による7回目の実務者会議が札幌市内で開かれた。組織委などの関係者が実際のコースを車などで回り、天候や人の往来の状況などを確認する実地検証を8月6~9日に実施することを決めた。

実地検証では大会運営や競技の進行の課題を確認し、21年4~5月に予定するテストイベントで検証する。マラソンコースは市による道路補修がほぼ完了。担当者が海外から渡航できないとして延期していたコース計測も、積雪前の10月までに進める計画だ。

大会組織委が放送用機材置き場として使用を想定する大通り西2丁目ビルの借用は、8月末をメドに市から正式な使用許可を得る方向だという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン